ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.04.24 Sunday

ラボ+烏丸ストロークロック ハナレズ 稽古場日記

 7月に公演を予定している、ラボ+烏丸ストロークロック ハナレズの稽古場日記ができました。こちらからご覧下さい。
ラボのブログのリンクページからもアクセス頂けます。
メンバーが自分達で更新します!
創作の現場レポートを是非ご覧下さい。
2011.04.23 Saturday

俳優が成長していく

ラボ+烏丸ストロークロックのクラスです。 
戯曲もかなり仕上がってきて、シーン稽古が続きます。

俳優経験が非常に少ない参加者で構成されているクラスですが、
去年の8月から徐々に積み重ねてきたものが、 
着実に演技や演技の気構えに反映されています!! 

個々の俳優が、演出からの指示(課題)をクリアしていく際に、自尊心を出すわけではなく、 しかし責任を負って、自らの課題を乗り越えていく様は、非常に心地よいです。人間的な成長です。稽古以外の部分でも、スタッフワーク、チラシ作成等、可能な限りのことを参加者で実行していく姿勢は、 既存の劇団も見習うべきものが多いように、私は感じました。メーリングリストの量が半端無いのです!! 

発表公演まで残り3ヶ月を切りました。 
このblogを見ていただいている皆さん、 
1年でどこまで未経験俳優が成長していくことができるのか、 
是非発表公演を楽しみにしていてください。 


2011.04.21 Thursday

場所のちから

ラボ+烏丸ストロークロック。


今回は場所のイメージの共有を、丁寧に行いました。
町の様子、家の内部構造、建物、家具などの質感。そしてそこに、
物語の時代の感覚が混ざり、より強固なバックグラウンドを作り出します。



そしてそれを受けながら、登場人物の造詣を丁寧に深めていきます。
それを見ていると、人間の自然な所作のなかに非常にたくさんの情報があって、
役者としてそれを引き受けるための努力は、とても大変なものだと実感させられます。

ですが、やはり参加者の姿勢をみていると、個々の努力、そして団体としての
結束力で乗り越えていくのだと思います。
次回の稽古でどういう「先」がみえるか、非常に楽しみです。


 
2011.04.20 Wednesday

マップ

ラボ+正直者の会。

台本の前段階の、原作となる小説がほぼ完成したので、
そのあらすじが田中遊さんからメンバーに伝えられました。


やはり、少しでも公演のイメージが見えると、
ワクワクします。
みんなの目も普段とは違った輝きをしていました。



今回は、その原作にも深く関わる「地図」についてのトレーニングが行われました。

地図には道が欠かせません。
ということで道を進みながら、そこにある音、イメージを共有していきます。
そして実際の商店街をみんなでイメージしながら、その情景を表現していきました。
これから、徐々にこの練習が進んでいくことと思います。


そのあと、新人さんを歓迎する会が行われました。
お酒が入り、新旧メンバーの仲も深まったことと思います。
これから、馬力を上げて再スタートです。


 
2011.04.16 Saturday

イメージする力があれば、リアリティは備わる。



 劇作家から与えられたセリフをただ読むだけという創作方法から、一歩先へ踏み込んだ作業が続くラボ+烏丸ストロークロックのクラスです。通常の作劇方法とは少し違う手法を取り入れているため、当初参加者の皆さんの戸惑いが少しあったかもしれません。しかし、今回の手法を通じて、参加者の皆さんは「イメージする力」の大切さを実感しているようです。イメージ>セリフということを、参加者の皆さんは強く感じられていました。

 今回の作品では、戦争体験について扱っています。わざわざイメージしなくても良いことを、なぜイメージしなければならないのか。そのことによって、どういったコトバや空気が、俳優から、俳優と俳優の関係性などから表出されていくのか。緊迫した空気が続く稽古場では、参加者の皆さんの強烈なイメージの連鎖がおこっています。

2011.04.16 Saturday

ラボ新規参加者のための説明会開催します!

 ラボに興味を持っている方のための、説明会が来週に迫りました。

「ラボはどんなものなの?」
「受けるとどんなメリットがあるの?」
「どんなカリキュラムなの?」

など様々な疑問にもお気軽にお答えします。
参加はもちろん無料です。

興味ある方はぜひご参加下さい。
*参加ご希望の方はできるだけ、ご予約頂けると嬉しいです。

<説明会>
4月19日 午後7時から

会場:アトリエ劇研アネックス(バイク屋さんの3階です)

ご予約・お問合せ:アトリエ劇研(電話・ファックス 075−791−1966、e-mail labo@gekken.net *@を小文字に替えてお送り下さい)

ちなみに、4月から開講の講座はどれもまだ参加可能です!
講座に関してはこちらをご覧下さい。
2011.04.14 Thursday

信頼関係

週に二回集まるかどうかのアクターズラボ。
そんな中にあって、この『ラボ+烏丸ストロークロック』クラスは、
とても強い信頼関係で結ばれていました。
自分以外のシーンを練習するときも、周りのメンバーは集中を切らさずメンバーの演技を見守っています。

また、自主稽古も多く行われているそうです。



誠実さはそれだけで素晴らしい作品を生み出す、ということを実感させられました。
これから一気に作品ができあがっていきます。

 
2011.04.12 Tuesday

上演台本ミーティング

田中遊クラス。
本日もシーンと静まった空気の中、アップがはじまります。
個々の体を調律していくところから、「全体」との関わりを意識していく発声まで。
やはり関わりが生まれる瞬間というのは心地よいです。


さて今回は、台本作成のためのミーティングが行われました。
田中さんはラボの時、半年前には台本をあげるそうです。

そしてミーティングで出たアイデアを元に、実際に演じてみます。
個人の経験を語り、それを全体で繋いでいったり、切り貼りしたりでデザインしていきます。
もうすぐ、公演の方向性が固まりそうですよ。


2011.04.10 Sunday

新規受講生募集開始!!

劇研アクターズラボ新規受講生の募集が始まっています。

劇研アクターズラボはアマチュアからプロを目指す人までその目的に合わせた研修をおこなう、総合的な演劇研修の場です。
2005年の8月からスタートしたこの講座ですが、2011年からよりわかりやすく、より効果を上げる方法を目指してシステムを大きく変更しています。
演技のすばらしさを体験したい方、
本気で演技を磨きたい方、
演劇を始めてみたい方の積極的なご応募お待ちしています。

現在募集中の講座は 4月もしくは5月からはじまります!!
演技や演劇を学ぶことは、台詞の言い方など演劇に必要な技術を学ぶだけでなく、人を楽しませたり、自分や他者を深く見つめたり、人とのコミュニケーションを上達させることなどを学ぶことです。
いきいきと輝く自分になりたいと願う皆さん。お待ちしています!
奮ってご応募ください!

開催講座等詳細はこちらから↓
続きを読む >>
2011.04.09 Saturday

記憶の強度

 ラボ+烏丸ストロークロックの稽古では、台本読みと平行して、記憶を立ち上げるような(具体的にはぜひ発表公演まで足をお運びください!)訓練も行っています。参加者の皆さんの記憶の強度が次第に高まっていっています。自身の内面とどう戦って、どのようにそれをアウトプットしていくのかの試行錯誤が続いています。

 また、稽古場の緊張感もかなり高まってきております。印象的だったのは、柳沼さんからの以下のような指示。「会話を成立させなければ、決して人前で何かを表現しようとすることもできない」。俳優は与えられた台詞を、人前で表現しようと四苦八苦しますが、その前にもっと行うべきことがあるんじゃないか、そもそもの会話を成立させていない状況で、表現が可能になるのか、といった身が引き締まるような言葉が交わされていました。今回の稽古のキーワードは、会話・表現・記憶だったと思います。
Powered by
30days Album