ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 平岡クラス補講 | main | 台本が見えて来た!? >>
2009.06.30 Tuesday

公演クラスその1 ラボ+芝居工房2009 第19回(研修生・アシスタントによるレポート)

本番近い今もバレーボールにそれなりの時間を割いているのは、それが学習になるからです。退かないこと、自ら積極的に動くこと、ぶつかりあうことを恐れないこと。それではじめて起こる「奇蹟」。芝居創りに大切なそういうことを、身体を通してわかってほしいと考えてのことだと思います。身体を動かし、状況に目を開き、二口さんや周りのみなさんの声に耳を傾けてみてください。
この期に及んで自分を護るな、と二口さんは言います。ぶつかりあえば少しは痛い、しかしそこを逃げていては何も生まれない、と。他者からも自分からも逃げないこと。言葉だけをとるとなんだかお説教のようですが、具体的な作業の問題です。
小屋入りまで、補講を含めてあと2回。時間は残りわずかですが、手を抜かずに作業を重ねてゆきましょう。
各グループともかなり積み上がってきました。それを踏まえて更に創作上の課題が与えられています。それぞれ来週までに必ず取り組んできてください。また、全体の構成のために、グループ創作とは別の課題が出されています。これも必ず今週中に提出してください。よろしくお願いします。
次回の会場は人間座です。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album