ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 田中春奈クラス第12回(研修生によるレポート) | main | 細見クラス第1回(研修生によるレポート) >>
2009.05.11 Monday

新期開講

7月までの新期クラスが今日から開講しました。
今日から始まったのは久々に細見さんのクラスです。このクラスは初心者推奨と銘打っていますが、長くラボを受講されている方、舞台経験も長い方も参加されています。

「それで、初心者の人でも大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、むしろこれがこの講座の特徴です。ラボは非常に基礎的なエクササイズに特化した訓練を、繰り返し行っています。この「基礎的な」というイメージが「基礎的」=「簡単」という事ではないのが演劇の特徴です。表現の技術は多角的で「これができれば、基礎はクリアー」みたいな事はあまり無いのです。超一流のプロ野球の選手がやっぱり素振りやランニングを繰り返すように、基礎技術というものはずっと大切に続けるものなのだと思います。繰り返し行う事で違った発見があるものなのです。スポーツなどでは初心者と経験者が同じレベルの講座を受講する事はあまり無いかもしれません。しかし、演劇では初心者でも豊かな発想や、経験者が知らず知らずのうちに忘れていた面白さを発揮することがありますし、そうしたことは経験者にも多いに刺激になります。また、基礎的なエクササイズにおいては、初心者ばかりが参加するよりも経験者が混じることで、初心者も影響されてよりのびのびと演技できるものです。ですので、どうしてもある程度の経験と技術が無くては効果が薄いと思われる講座(選抜クラス)以外はこうした形をとっているのです。
例えば「創造性」に関しては、舞台経験の長短はあまり関係ないかもしれません。ですので、初心者の方も臆せずどんどん自分を出してやって頂ければいいと思います。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2009/05/14 4:06 PM
Powered by
30days Album