ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 能楽講座発表会 | main | 新期開講 >>
2009.05.04 Monday

田中春奈クラス第12回(研修生によるレポート)

とうとう最終回となりました。ムーブメントリサーチの発表に向けて、自分をよい状態にもっていくために集中してバックエクササイズを行ってみてくださいと田中春奈さん。
見学者もある中で緊張しながらの発表となりました。なんと笑いが起こる作品もあり、作業を重ねてきた時間と、個々の色が出て、それぞれおもしろい作品になっていたと思います。
出発点は例えば単なる上衣を着るという動きでも、それを固定し、分節化し、変化を加え、音楽やテキストを入れ……という作業を経て、それぞれの作品になっていました。そして、ひとの作品を見ていると、自分ももっとこうできたなあ、こういう動き方もあるのか、など色々な発見があります。もっと作業したかった、という声も出ましたが、作業の終りは絶対に来る、かつ、決して来ない、ということだろうと思います。
最終的に出来上がったものが正しい正しくないということはありません、と田中春奈さんは言います。ただ、つくってゆく過程で、例えばプライマリがあってセカンダリがある、面と高さを必ず変える、などというルールがあり、そういう制約の中で作品をつくってゆくということが、あたらしい表現を生む可能性につながるのではないでしょうか。
最後の発表を行ったのは6名、講座開始時からするとだいぶ寂しくなってしまいました。今回発表できなかったひとに見てほしかったです、と田中春奈さん。個々人の事情もあるでしょうし、家で取り組んでこなければならないことも多く負担もあったことと思いますが、また機会があれば、積極的に取り組んでみてはと思います。得られるものは確実にあると思います。これは無論ムーブメントリサーチだけではなくバックエクササイズについても同じです。週に一度であっても、このような時間を持つことで、身体は変化してゆきます。一足飛びには変わらないでしょうが、少しずつでも、ステージプレゼンスが高まることにつながってゆくのではないかと思います。
最後に田中春奈さんより、みなさんにとって今後の役者としての活動に少しでも役に立てばという言葉で締めくくりとなりました。ありがとうございました。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album