ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 細見クラス今期最終日 | main | 恒例の発表会 >>
2009.02.03 Tuesday

二口クラス最終日

今期の二口クラスの最終日でした。通常は11月〜1月末の3ヶ月で終了なのですが、今期は日程が後ろにづれ込んだため、本日が最終日となりました。
本日も「出会いのエチュード」を行ったのですが、この3ヶ月の練習を見ていての印象は皆さんだんだん「つかんで来ている」ということです。
二口クラス090203
前からこの練習についてブログでも言葉を費やしているのですが、この練習は非常に説明しづらい練習です。つまり、何に役立つのか「すっと言えないのです」練習の特徴としては、ある表現手法を学ぶというよりは「演技者としての意識」や「舞台での存在のしかた」「相手役とのかかわりかた」といった所への意識や感覚を養うものだと思っています。二口さんが自ら認めるように、これが「直接」芝居を良くすることには役立たないかもしれませんが、こうした事を演技者が意識することで、演技は間違いなく創造的なものになるような気がします。もちろんそれを真に実現するためには他の演技技術も必要ではあるのですが、ある演技法に厳しく従う芝居であっても、こうした意識の元では人と違った自分の味が出せるような気がします。そして、その場合でも二口さんが重要と説くのは、「自分勝手に自分を引き立たせる」ということではなく、「相手役を活かすことで、自分も活かされることを実践してゆく」ことです。

 結局毎回同じような説明で、そしてやっぱりわかりづらいのですが、この練習が求めるもは俳優にとっての基本意識ではないかということなのです。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album