ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ムーブメントリサーチ次なる課題 | main | ムーブメントリサーチは続く。 >>
2008.05.19 Monday

呼吸の使い分け

公演クラス二日目。
まずはウォームアップ。
体の力を抜いてリラックスした状態から、呼吸を使ったワークをしました。
そのときの状況によって息が上がったり下がったりしているという田中さん。
寝ているときは深呼吸みたいにいっぱいいっぱいではなくゆったりとした呼吸だし、
焦っているときは息があがってギリギリのところで速い呼吸をしている。
これを上手に使い分ければ、そんなに走って来た訳ではないのに
ゼ〜ゼ〜させながら舞台に登場しないといけないときもうまくいく。
呼吸の仕方につられて発声の具合も変わってくる。
身体と呼吸って密接につながっているんだなぁと
当たり前のことですが、なるほど納得。

コミュニケーションにおいても、
「息が合ってる」と言われるのはまさしく読んで字の如くで、
呼吸のスピードや量が合っていると、
コミュニケーションがとりやすい。

数人で輪になって、アイコンタクトだけで呼吸をあわせるワークは
まだ一緒にクラスを初めて二回目なのでなかなか難しいようです。
これから一緒に作品をつくっていくには持ってこいの「息を合わせる」こと。
回を重ねるたびにうまくなっていくといいですね。


そして今日からさっそく候補台本に取りかかります。
毎回そのときのメンバーに合った台本を探すのは一苦労。
今日はその探した台本からまず一つの最初の部分を読んでみました。
いろんな役組みで同じ場面を繰り返します。
初見なので、みなさん少し緊張ぎみですが、それぞれ読み方や立ち姿が違って、
これから公演に向かっていくのがますます楽しみになりました。

なにわともあれ、早く台本を決めて稽古に入れるように、
また来週まで台本探しです!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album