ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 復習、復習。 | main | クリエイティブにそこに居る。 >>
2008.01.24 Thursday

ワークショップオーディションについて

劇研アクターズラボでは、役者の自立支援ということを大きな目的にしています。(詳しくは以前のブログをご覧下さい)
その具体的な方法の一つが、昨年の春から約半年おきに実施している、「ワークショップオーディション」です。オーディションというと、主催者が一方的に役者を選ぶという意味合いが強いのですが、このワークショップオーディションはあくまで、演出家と役者が対等の立場で出会うことを基本的な立ち位置としています。演出家が自分の求める役者さんをただ選ぶというだけではなく、ワークショップを通じて演出家がどういう作品を志向し、どのような創作をおこなってゆくのかを参加した役者は知ることができます。演出家が「この役者さんと一緒にやりたい。」と思っても役者さんのほうが、「合わない」と思えばお断りすることが可能な訳です。
このオーディションに来て頂く演出家はできるだけ優れた方をお呼びしたいと思っています。また、出演対象となる公演はできるだけ出演料が支払われる公演、もしくは複数箇所での上演が予定されていたり、賞の獲得や専門家が多く足を運ぶことが見込まれるなど公的な評価が期待される企画を対象にしたいと考えています。つまりそうした公演に参加することで、役者としてのキャリアアップにつなげたいということです。

 ちなみに、このワークショップオーディションは劇研アクターズラボ受講生以外にも門を開いています。
こうしたことを通じて、役者としてのアイデンティティー獲得に寄与したいというのが、この事業の趣旨なのです。
 ちなみに、日本を代表する劇作家、演出家の一人である松田正隆さんが主催する劇団「マレビトの会」の次回公演(本年5月〜6月上演)には昨年5月に行ったワークショップから次のメンバーが選ばれました。
・川口聡 ・金乃梨子 ・筒井加寿子 ・西山真来 ・林伸弥 ・広田ゆうみ ・松原一純
・宮階真紀(五十音順)という方々です。

 次回のワークショップオーディションは今年の5月〜7月にかけて実施予定となっています。
 募集は3月末締め切りで実施予定です。
詳細は追ってこのブログ等で発表します。
舞台役者として活路を求たい方の積極的なご応募をお待ちしております。

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album