ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 形とバランス | main | 発表会その1 >>
2007.05.21 Monday

生活と演劇

劇研アクターズラボは劇団などに所属して演劇を親しむことが難しい人でも、参加可能なように門を開いています。
 今日の細見クラスでも、小学生のお子さんを持つお母さんが受講しています。
時々お子さんを連れて一緒に会場に来られるのですが、講師もスタッフも可能な限りそれを普通に受入れています。子供にとっては稽古を見ているのは退屈なことですので、そんな時は私が一緒に遊んだり、宿題を一緒にしたりします。一緒にいても問題の無い内容のときは、見学していたりします。講師の方も他の受講生もよく理解してくださっていて、小さな見学者を煙たがること無く、普段通り内容を進行してくださっています。
 今のところ「子供を連れてくるなんて不謹慎だ」という声はありません。子供がいるお母さんも、育児をちょっと忘れてリフレッシュしていただけるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。
 ラボでは生活と演劇ということを考えています。生活に演劇がうまいこと絡んで生活を豊かにできないかということです。たいがい、演劇している人は生活と演劇の折り合いをつけるのに四苦八苦しています。ラボのように、ニーズに合わせたカリキュラムがを組めばその折り合いも上手く付けられるのでは、と考えたりしています。例えば、小さな子供と親が一緒に楽しめる機会としてラボが機能できたらとか・・・。そんな時は、互いに参加しやすい週末のクラスにして・・・。とか。今は残念がら平日の夜のクラスしかありませんが、将来もしそうした希望があれば本当に週末昼間のクラスなどを考えたいと思っているのです。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album