ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分の身体と向き合う | main | 公演クラススタート! >>
2006.11.01 Wednesday

アドバンスクラス

内田さんの新クラスが開講しました。
今期は初の試みで、一回受講経験のある人中心のクラスにし、いつもは12回1セットのワークを6回に減らした短期集中型となりました。
 さて、今日は初回ということで内田さんの演技に対する考え方、ワークのポイントについて聞いたり、受講生が何を求めて受講しているかを話するところから始まりました。
つづいて、いつものウォームアップ。いつも通り丁寧にポイントを押さえて指導してくださいます。
 初回ということでちょっと緊張していた受講者もだんだんほぐれてきて、集中の高い良いワークが展開してゆきます。

 今日のテーマは「(反射的な動きのように)無自覚な動きの意識化」ということだと思います。
 3人グループになって、一人をはさんで二人が立ち、中の一人が交互にはさんだ二人に倒れてゆくワーク、
???????061101
 壁にぶつかるワークでは、恐怖を感じる心や、とっさに手が出る身体を確認し、しゃっくりしながら台詞をしゃべるワークでは、どうしようもなく起こるしゃっくりのような現象を意識的に起こしながら、かつ歩き、そして台詞をしゃべりつづけようとする課題に挑みました。???????061101-2

 演劇は全て予定されている行為のつながりですが、それが本当に「リアル」である瞬間は、たとえばこうした自分ですら予期されない行為を的確に再現する技術から生まれるのだと思います。頭でわかっていてもできないことですが、そこに問題意識があるかないかは大きな差だと感じました。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album