ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キモチの音 | main | グループワーク >>
2006.09.26 Tuesday

丹田(たんでん)

今日は講師の内田さんが海外出張でお休みでしたので、代講として田中春菜さんにワークショップをしていただきました。
田中さんはアメリカで4年間演技と演劇を学び、京都造形芸術大学の大学院でさらに演劇を研究し、能楽の師範でもあるかたです。西洋の演技トレーニング法を基にしたワークショップの技術を持っています。
本日のメニューはおへその下10センチぐらいのポイントいわゆる「丹田」の意識を高め身体を整えるワークを1時間した後
?????????060926
表現のワークに進むというものでした。丹田への意識は身体を自由に動かすのに大変役立つのだそうです。1時間のワークを受けた後の傍目に見える身体の変化(すっと背筋がのび存在感が増した)はその言葉を裏付けるように感じました。
その後1時間は「かなりレベルが高いワークをしてみた」という田中さんのお言葉の通り、なかなか捉えづらいワークをおこないました。
特に最後に行った独特のインプロビゼーション(即興)の訓練は、初めて見るタイプのもので、感情を解放し身体に反映させるという大変レベルの高いものだったと思います。椅子を二つ並べてそこに無表情に座る演技者が「そこにまずは居てみる」→「わき起こってきた感情を身体に行き渡らせてみる」*ただしこの時表情に感情を出しては行けない。終始無表情をルールとする。→「感情が溢れ出てきたら『愛してる』ということばを発してみる。」*ただしこれはただ言葉であって意味を伴わない。
という流れのワークです。
人が見ている前で自分の感情をすなおに身体に行き渡らせてゆくことは、難しいものです。田中さんからは必要以上に表現しないこと、途中で第三者が何らかの刺激を演技者に与えるなどの課題が追加されます。
 集中しかつ自由になること。演技している役者さんは自分の不自由さを痛感することでしょう。でもまさにこうしたワークを通じて、舞台での存在感や観客の目を惹き付けるオープンさが培われるのだと思います。このようなワークの継続を今後考えたいと思います。役者として成長したい人にはどんどんこうしたワークを受けてもらいたい。こころからそう思います。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album