ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハナレズ | main | 自主稽古の成果 >>
2011.04.30 Saturday

蓄音機が来た!

蓄音機がきて、参加者の皆さんが興奮していました。舞台美術の一つとなると思いますが、こういった具体的な、年季の入った”モノ”の存在が、作品に、出演者に大きな影響を与えていきます。

現代人は、人との距離の取り方よりも、モノとの距離の取り方の方が正直です。なぜならモノに遠慮はいらないからです。人と距離を取る際には遠慮が入ります。集団創作の中で、次第にその距離は縮んだり伸びたりします。縮むから良いというわけでもないでしょうし、伸びるから悪いというわけでもないでしょう。

集団というものは、本当に大変なものです。個々の感情がぶつかります。しかし、敢えてそういった苦労を経てでも、達成したい何かがあるはずです。モノに一喜一憂したり、人に一喜一憂したりして、参加者が多様に成長していきます。1年間同じ仲間と、月々数回集まって、どんなものが仕上がるのか。様々な思いを吸収/発散しながら、ハナレズが成長しています。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album