ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 達成感 | main | 茶話会? >>
2010.09.20 Monday

研究生

劇研アクターズラボではこの度「研究生」を求めることになりました。
先日、何の予告もなしに募集を開始したので、「なにそれ?」という方も少なからずおられると思います。そこで、その趣旨について補足をしたいと思います。
 「研究生」とは、いわば新たな仕事を開拓するための講座です。だいぶ以前から「プロコース」の新設を予告して参りましたが、それにあたります。
研究生募集の概要にも書きましたが、「演技」や「演劇」が社会に果たせる役割はまだ開拓できると思っています。そして、教育分野、福祉や医療の分野においても、社会教育の分野においても、そして当然ながら、演劇そのものにおいても「演劇」がその技術を応用することで参画できる基盤整備は進もうとしています。本流である「作品創作」にしても、今話題の劇場法が成立すれば、今よりも多くの公的資金が劇場に流れ込むと言われています。つまり、「仕事」を開拓できる可能性は十分にあるのです。ところが、そうした社会ニーズに応えられる人材や、そうしたことを希望する人に情報が行き渡っているかというと、まだまだ足りていない状況です。

 研究生に求められるのは「相応の技量を身につけること」と「未開拓の問題に対応するプロジェクトを自ら立ち上げ、遂行する能力」です。職名は「俳優」でも「演出家」でも「プロデューサー」でも「演技トレーナー」でもそれ以外でも問題ありません。今決めていなくても結構です。自らの職能よりも「その能力によっていかに社会的な使命をいかに果たすか」を考えてゆくことが重要となります。状況の変化は急速に進んでいます。環境整備と人材育成が同時に行われる必要があります。社会が求めているニーズを的確にとらえ、そこに十分に応えられる能力と行動力を持った人を増やしてゆくことは急務となっているのです。また、そうした情報を広く社会に提供し、こうしたことに関わってゆきたい人たちが、多くの情報と必要なスキルを得られる体制の構築も同時に計ってゆく必要があります。
 現在のスキルや、年齢(18歳以上の制限あり)、性別、職歴、学歴などは問いません。シニア世代の参加も歓迎です。

 受講料は主に演劇関係のワークショップを受けて頂く為に使用します。ワークショップは単に技術の習得だけでなく、その後に役立つ人脈や、サポート、経験が得られるようにプログラムしています。
 研修の期間は1年間ですがその後もサポートは継続します。2年目以降は自ら活動を組み立てて行くことになります。
 応募詳細はこちらをご覧下さい。積極的なご応募をお待ちしております。
 

 

 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album