ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 演劇ビギナーズユニット | main | ウォン・ヨンオ ワークショップ終了 >>
2010.06.18 Friday

地域における舞台芸術の牽引者育成の為の集中講座 フォーラム

こうした専門的で、堅い企画に参加するのはたいがい企画・制作者そして劇団を率いる演出家、劇作家が多いのですが、今回はあえて役者さんに多くおこし頂きました。(といっても参加した30名弱の約半数ですが・・・これでも多い方だと思います。)
 企画者だけでなく主に地元で今後も活動をしてゆこうとしている、若い俳優(演出家)達と地方の問題を共有し、「地方にいても創作はできるし、優れた活動も可能なのだ」という夢を持ってもらい。もしくはそんなこと考えてもみなかったという人に「地方で活動を行うこと」の意義や可能性について考えてもらいたい、そう思ったからです。
そして、各地からお越し頂いた企画者の皆さんとは、情報や問題を共有し、連携や協力をしてゆく足がかりとしたい。そんな思いでこうした場を企画しました。
ゲストスピーカーとして、ダンスの全国巡演ネットワークを作り上げたJCDN佐東範一さん、そして鳥取に拠点をおき、精力的な活動を行っている「鳥の劇場」の中島諒人さんをお招きして、まずはそれぞれの活動についてお話を聞く所から始めました。
フォーラム100618
フォーラム100618-2
フォーラム100618-3
フォーラム100618-4
その後全員の自己紹介を行い、自分の今の活動について、地域での課題について思う所を話してもらいました。そして、最後にこれからどういうことを行ってゆくか、課題は何か、等についていろいろ意見を交わしました。活発な意見交換がなされ良かったと思います。休憩を入れて4時間と言う長丁場でしたが、最後のディスカッションはすこし時間がたりなかったので、ここをもっとふくらませれば良かったと反省しました。
 フォーラム後は、場所を京都芸術センターからアトリエ劇研に移し、劇研演劇祭の公演『旅行者』を観劇し、その後交流会を行いました。つかの間の時間でしたがこうした交流から何かが生まれることを期待したいと思います。
交流会100618
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album