ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日は交流会 | main | 作品の構想 >>
2010.03.10 Wednesday

カリキュラムの改善と基礎練習

今日は二口さんのワークショップが行われました。
このワークショップは以前からお伝えしている通り、二口さんが10年来取り組んでいる手法を用いたものです。演じる者みずからがシーンを作る事によって、演じてが持つべき意識や、劇作家の意図、演出意図を汲み取る能力を高めより創造的な演技を行う助けになる、非常にいいワークショップだと思っています。この手法をまねても指導のポイントを間違えると、似て非なるものになってしまいます。まさに二口さんが案内役をしないとなかなか成立しないワークショップと言って過言ではないと思います。
二口クラス100310
こうしたすぐれた基礎訓練をしっかり受けた上で(身につけた上で)公演に取り組めば、何かが変わるのではないかと思っています。「私は経験がるので、こうしたことはやる必要がない」と思っておられる人でも、もし経験が10年未満であれば、ぜひ一度はこうした機会を持ってもらい、表現について今一度考えてもらえれば、もっと伸びるきっかけがつかめるかもしれません。
 ということで、5月から今日の二口クラスのように非常に基本的でかつ大切なことを行ういくつかのクラスを必須科目に位置づけ、合格の評価を経た人のみが、ワークショップオーディションや、公演クラス、そして基礎能力あってこそより効果が上がると思われる科目の選択ができる仕組みに変えようと思っています。そのかわり、講座の最終日には講師がひとりづつ面接を行ない、習熟度や伸ばすべきポイントを直接一人一人にアドバイスするような仕組みにします。これにより、問題点をより明確にし、それを克服することで、ひとりひとりがもっと輝くよう、もっていきたいと思っています。
 5月開講のクラスからそうした面接(フィードバック)を行って行きます。ぜひご期待ください。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/03/17 7:15 AM
Powered by
30days Album