ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2010.06.08 Tuesday

強いチームづくり

2月から始まった、公演クラスも5ヶ月目に入りました。昨年から方針を変え積み重ねを重視しているため、昨年から継続参加しているメンバーが多数を占める中、2月から加わった新しいメンバー4名を加えたチームで『劇研アクターズラボ+正直者の会』の2回目の公演を目指しています。
続きを読む >>
2008.10.11 Saturday

発表公演初日無事終了!

劇研アクターズラボ公演クラスの4回目となる発表公演が幕をあけました。
今年5月から練習を重ねて来た11名が、笑いあり、涙ありの楽しいお芝居に挑みました。
自分たちがやって楽しいものと、見ているお客様が楽しいものとはえてして違うもの。お客さんに笑っていただくのは、結構大変なのだということを肌で感じた5ヶ月間であったと思います。
 初日本番直前まで、調整や練習を重ね、本番の幕が上がりました。お客様から笑いもおき、直前に演出家かからハッパをかけられていた「テンションを上げて!」という指示にも皆応えられていたと思います。
 公演は残すところ3回、この調子でどんどんできを高めていって欲しいと思います。実際舞台に立ってみると自分の課題も、演出から練習でいわれていたことの意味もよくわかったのではないでしょうか。演技は体で覚えることですから、すぐにそれらが解決しない、演じられないまどろっこしさと向き合い、戦わなければならないのですが、それこそ演技であり、演劇の魅力の一つだとおもいます。残りの回、お客様も、出演された皆さんも、回を重ねるごとに楽みを増してもらえることでしょう。
2008.10.09 Thursday

★発表公演まもなくです!★



劇研アクターズラボの一つの成果発表でもある、
フレッシュコース受講生による発表公演がいよいよまもなくとなりました!
5月からスタートして、約半年間、
演出の田中遊さんと受講生11名で挑んできた今回の公演。
あと一週間ちょっと、今も最後の正念場、突っ走ってます。

今回の作品は、ある刑務所が舞台。
一癖二癖ある愉快な囚人たちの、明日は如何に!?
どうぞどうぞご期待ください。



劇研アクターズラボ発表公演vol.4
極楽トンボの終わらない明日

[アトリエ劇研主催公演]

原作:高橋いさを
脚色・演出:田中遊
出演:劇研アクターズラボ公演クラス受講生
板倉真弓、岸本侑三、佐伯里紗、西塔友美、沢田幸嗣、渋谷善史、下野優希、辻智之、廣瀬信輔、古川典弘、吉田彰文

<日時>
2008年10月10日(金)〜12日(日)
10月10日(金)19:00
   11日(土)14:00/19:00
   12日(日)14:00
*受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。

<料金>
前売 1,500円/当日 1,800円
*日時指定・全席自由

<お問合せ>
アトリエ劇研
TEL&FAX:075−791−1966
E-mail:info@gekken.net
WEB:http://www.gekken.net/

<スタッフ>
舞台美術:川上明子/舞台監督:米谷有理子/照明:川島玲子/音響:奥村朋代…GEKKEN staff room
制作:上田千尋、杉山準

主催:NPO劇研
助成:平成20年度文化庁拠点形成事業

2008.08.04 Monday

10月公演、上演作品は…


公演クラスは、8月から週二回の稽古になります。
週二回になっても、まだ稽古が足りないくらいですが、
みんなで集まる一回一回の時間を大事にして、
10月の本番を目指します。

今回上演するのは、『極楽トンボの終わらない明日』(高橋いさを・作)。
刑務所内で結成された劇団のお話で、劇中劇のシーンも多く、
これまでラボ公演でしてきたものとはひと味違う雰囲気の作品です。
詳しい公演情報は後日!どうぞお楽しみにお待ちください!!

少しずつですが台詞も覚えてきて、
一つの役でもいろんなパターンで稽古していきます。
まだ手探りの段階ですが、一人の人、一つの役から飛び出してくる
いろんな声や顔や仕草に驚くこともしばしば。
最終的にはどんなふうになるのか、まだまだ先は長いです。
2008.05.26 Monday

引き続き台本試し読み。

公演クラス3日目。
今日は前回と同じ台本のつづきを、
またいろいろな役の組み合わせで読んでいきます。

今回は公演に参加するのが初めての人も多く、
今はまだ緊張気味ですが、
それでもよく見ているとそれぞれおもしろみがにじみでています。

立ち姿や声、反応のしかた、動作…
緊張の中でもその人の様子はきちんと出てきていて、
あぁこの人はこういうふうにこの台詞を発するのか、
こういうふうにやりとりするんだなぁと、
なんとなくこれからつくっていく舞台の様子が思い浮かんで楽しい初見練習でした。

こちら制作陣はひきつづき台本探し。。
今回もまた難航していますが、
今日のみなさんの様子を思い浮かべながら、
ぴったりの台本みつけます!!

2008.05.19 Monday

呼吸の使い分け

公演クラス二日目。
まずはウォームアップ。
体の力を抜いてリラックスした状態から、呼吸を使ったワークをしました。
そのときの状況によって息が上がったり下がったりしているという田中さん。
寝ているときは深呼吸みたいにいっぱいいっぱいではなくゆったりとした呼吸だし、
焦っているときは息があがってギリギリのところで速い呼吸をしている。
これを上手に使い分ければ、そんなに走って来た訳ではないのに
ゼ〜ゼ〜させながら舞台に登場しないといけないときもうまくいく。
呼吸の仕方につられて発声の具合も変わってくる。
身体と呼吸って密接につながっているんだなぁと
当たり前のことですが、なるほど納得。

続きを読む >>
2008.05.12 Monday

公演クラススタート

2008年10月の公演を目指す公演クラスがスタートしました。
男性8名女性3名という、珍しい男女比のクラスです。(大抵女性の方が多いのです)リピーターの方も増えてきて、作品も良くなることが期待されます。
今日は自己紹介的なワークショップを行いました。
次週からは上演台本を選ぶ過程に入ってゆきます。乞うご期待。
公演クラス080512
2008.01.14 Monday

発表公演『算段兄弟』無事終了。

昨年8月から始まった公演クラスの発表公演『算段兄弟』が13日無事楽日を迎え、なんとか盛況のうちに幕を下ろすことができました。
算段兄弟080113-2
算段兄弟080113-3
算段兄弟080113-4


続きを読む >>
2008.01.07 Monday

『算段兄弟』

いよいよ今週末、公演クラスの上演が行われます。
笑いのある作風で、京都を代表する劇作家、土田英生さんの戯曲を俳優としても活躍する新進の演出家、田中遊が演出します。
戯曲選びから始まり、8月から準備を重ねて来た成果をここに発表します。
まったく演劇発舞台の人も含まれています。演劇をしてみたい方もぜひご覧下さい。
楽しんでいただけると思います。

『算段兄弟』

[原作] 土田英生
[脚色・演出] 田中遊

[日時]
2008年1月11日(金)19:00
12日(土)14:00/19:00
13日(日)14:00
*受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。

[出演]
青山勝紀 あた吉 足立明日香 板倉真弓 佐伯里紗 
沢田幸嗣 泉瞠佐紀 中嶋康喜 平野雄一 二川夏紀
吉田彰文 杉山準
続きを読む >>
2007.09.25 Tuesday

配役決定に向けて

9月24日の公演クラス。配役決定に向けて読み合わせを行ないました。次週いよいよ配役が決定します。さて、どのような配役になるか楽しみです。
10月半ばから本格的な練習が始まります。
きっと、いい作品に仕上がるとおもいます。
どうぞ、ご期待ください。
Powered by
30days Album